『閃きの番人』(日本弁理士会様)

作画:ヒロカネプロダクション 監修:日本弁理士会

『課長島耕作』の弘兼憲史先生のプロダクション、ヒロカネプロダクションによる作画。弁理士の日常や、特許、商標といった弁理士の業務を学べる知的エンターテイメント漫画。日本弁理士会が監修を行う。

「公知と先使用権」編、「非弁行為と冒認出願」編、「商標権と不正競争防止法」編、など毎回、テーマに沿ってストーリーが展開され、楽しみながらそれぞれの知識を得ることができるのが特徴。

日本弁理士会様のサイト内にてPDFでの無料公開の他、啓蒙ポスターや定期刊行物にて主人公らをキャラクターとして活用。また、企業やセミナー等で知財に関する教材としても活用されている。